女性特有のニキビは一体何が原因なの?

女性特有のニキビを起こすと考えられるひとつの原因に女性ホルモンの分泌の乱れが関係しています。ホルモンのバランスは、ストレス下に置かれるとすぐに乱れがちと発表されています。また、特に生理前の時期は女性ホルモンに大きな乱れを生じさせます。ニキビに悩まされる女性が増えるのもこの女性ホルモンの乱れの仕業なのです。ニキビが出てきて白く膨らんでいるのを見つけると、気になって触ってつぶしてしまいます。ニキビの中から膿や種の種のようなものが飛び出してくるのがとっても好きです。でも、5回に一回は綺麗に中身を出す事が出来ず、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビのあったところが窪んで跡になってしまうのです。そのニキビの後を見ると、もうニキビをつぶしてはいけないともう反省するのですが、また白いニキビが出てくると自分を抑えられずに、また爪で押しつぶしているのです。実はニキビケアに栄養コントロールが必須です。脂質、糖質を多く含んでいる物を摂り入れ過ぎることはニキビの要因になります。チョコなどのお菓子は脂質も糖質も多く含むので、それ程食べ過ぎないようにした方がベターです。カカオ多分に含有し糖質の少ない物は肌にもいいので、ぜひとも食べたい時には成分表を凝視しましょう。繰り返しニキビができてしまう場合は、今あるニキビだけを治そうとするのではなく、ニキビの本来の原因を排除する一番適した方法をしなければなりません。なぜニキビが繰り返されるかというと、ホルモンバランスや食習慣が乱れていたり、合わない化粧品を使うことによって肌が荒れてしまっている等、色々な原因があります。何がニキビの原因になっているのかを見極めて、根本的な治療を行っていきましょう。私のニキビに備えた事前策は、どんなに寝たくてもメイクは必ず洗い落として寝ることです。メーキャップすることにより、お肌にはきわめて大きなダメージがあると思うので、お肌に休む時間をあげたいのです。メイク落としにもこだわっています。オイルがベースのタイプや拭き取るタイプなど多種多様なものを試してきましたが、ミルク系の化粧落としがお肌を傷つけにくいと思いました。いつも洗顔などで清潔な状態にしていても、ニキビができることは誰でも体験するに違いありません。吹き出物ができないようにするには、洗顔などで清潔を保つのは最低限ですが、偏りのない食事や質の良い睡眠といった体調の管理も大切になります。知っての通り、ニキビは女性であろうと男性であろうと難しい問題です。なるべくニキビにならないように対策をとっている人は少なくないと思います。ニキビのお手入れ法として有効なものの一つに水洗顔が知られています。ニキビができたからと言って、洗顔をまめにやりすぎてしまったり、洗浄力の高い洗顔料を使って洗顔したくなりますが、これらはNOなのです。冬は乾燥が気になって皮膚のケアをしますが、そのようにすることが逆に吹き出物の数が多くなるきっかけになっているように考えることがあります。いつもは使用しないような化粧品などを使用することが表皮への刺激になり、毛穴のつまりや炎症が発生して、冬でも吹き出物が出来てしまうケースがあるそうです。顔にできたニキビが炎症を起こした場合、顔を洗う場合などにちょっと指が触れただけでも痛みや刺激を感じるようになります。ですから、ニキビが炎症を起こしてしまったら、いくら気になるからといって指で触ったりすることは絶対にやめてください。触ると痛いのももちろんですが、指から雑菌が入るために、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。私の場合、ニキビがひどくなってきた場合には、洗顔石鹸を使用してのピーリングをしています。初めてピーリングを行った時は、お肌が少しヒリッとしました。そこで、何となく怖くなってしまって即止めることにしたのですが、肌が正常に戻ったら、そんなヒリヒリ感は消えて、とてもきれいにニキビが治ってくれました。その後は、ニキビを見つけるとピーリングで治しています。

参考記事⇒あごニキビにメルライン